Mille's Breast Cancer Journey

ミルの乳がん闘病記 -50年後も夫と一緒に生きていたい!ー

入院初日①

入院当日、いきなり出鼻をくじかれる

今日は入院当日です。

午前中にシャワーを済ませて、14時までに病院に来るように言われていました。
時間通りに病院到着。

1月8日に病院の事務員さんから「診断書ができた」と連絡が来ていたので、まずは診断書をもらいに受付へ。
現物を受け取り、その場で内容を確認したら…。

え、間違ってるんですけど💦

『今回以前にがんの既往があるか』の欄が、「ある」になってる。
いや、ないです!今回初です!
再発扱いにされたら一時金貰えなくなっちゃうから大変!

頼むよT先生…。

すぐに書き直してもらって、事務員さんと一緒に再度確認。
ん?『手術』の欄に、去年5月22日の左胸のセレロ生検のことが書いてあるけど…?
手術は明日だよ?

今回私が選んだのは、『がんになったことに対しての一時金300万』をまず先にもらうやり方なので、病名が分かればOKなのです。

入院・手術・放射線治療に関してのお金は、全ての治療過程が終わった後に請求する形になりますし、今日入院なので、当然手術もまだです。

なので『手術』の欄は空欄が正しいと思うのですが、何故セレロ生検(しかもがんになった右じゃなくて左の)が書いてあるんだろう?

それなら、書くとしても12月4日の右胸のセレロ生検のことじゃないの?
その生検で乳がんが分かったわけだし、と思ったのですが…。

「これも間違ってませんか?」って何回も指摘するのも気まずいし、先生も事務員さんもこんなこと毎日やってるだろうし、さすがに2箇所も間違えないよね?

5月22日のセレロ生検のことが書いてあるのも、素人には分からない病院側の理由があるんだろう。

そう思って受け取り、夫に、帰ったらポストに投函しておいてと託しました。

 

入院病棟でも出鼻をくじかれる

診断書の件でヤキモキしつつも入院手続きは終わり、入院病棟に行ったらなんとここでも問題発生。

希望していた個室(1泊11,000円)が満室で、特別室(1泊22,000円)しか空いていないと言われてしまいました。

子宮筋腫の時の入院(この時は大部屋)で、隣のベッドのおばさまの大音量いびきで連日寝れずに辛い思いをした経験があるので絶対に個室!!と思っていたのですが…。

保険の入院給付金で1泊につき15,000円出るけど、さすがに特別室は高すぎる。

「そうなんですね。空いてないなら仕方ないですし、それならもう大部屋でも大丈夫です~(にこやかな態度で接しましたが内心は超ガッカリ)」と言ったら、「それが大部屋も満室で、特別室に入って頂くしか…」と事務員さん。

えーーーーーーーーーーってなりますよね。
夫も、「さすがにそれは…」という感じになっていて。

するとその様子を見て事務員さん、「空いていないのは病院側の都合なので、個室料金で特別室をご利用頂く形でよろしいでしょうか?」と言ってきました。

いや、それが出来るなら最初からそう言うべきじゃない?

もちろん態度には出さず、「本当ですか?それなら良かったです。ありがとうございます。なんだか申し訳ありません(にっこり)」と言っておいたけど。

こういうケースであわよくば患者側に差額負担させようっておかしくない?と思って後で調べたら、やっぱり、他が満室だからという病院側の都合で部屋が変わる場合は差額室料は取ったらダメみたいです。

これ、そのまま払っちゃう気弱な人もいるんじゃない?
皆さんも気を付けて下さいね。

 

ようやく特別室に入院 

というわけで、私の入院ライフはオーシャンビューの特別室になりました。
結果ラッキーだった?w

でも個室と特別室の違いは、部屋の広さと、テレビと冷蔵庫が無料で使えるというだけだそうです。
たったそれだけで個室の倍の値段するって、すごい高い気がするんですが…。

病院に向かう道すがらコンビニでコーヒーを買ってきたんですが、私はたまに、コーヒーを飲んだ時に利尿作用がものすごく強く出てしまって、1日に何回もトイレに行く羽目になる時があります。

まさに今日はその日でした。

もしかしたら、明日の11時までにポカリスエットを1L飲むように言われていたので、それも一生懸命飲んでたからかも知れません。

寝るまでに何度トイレに行ったことか。
10回以上行ったかも。
めんどくさかった~~~!

 

術後は数時間で起き上がれる!

特別室入室後は担当看護師さんやら、明日の麻酔の先生やら、執刀医(=主治医のT先生)と一緒に手術室に入る看護師さんやらが入れ替わり立ち替わりやってきてはいろいろ説明&確認をし、けっこうバタバタ。

その時、術後は翌朝まで寝たままの姿勢でいないといけないのか聞いたら、数時間で起き上がりOKとのことで、これには心底喜びました。

今回はせな痛に悶絶しなくて済む!w

 

↓ ぽちっとして頂けると嬉しいです☆

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村