Mille's Breast Cancer Journey

ミルの乳がん闘病記 -50年後も夫と一緒に生きていたい!ー

人の命って…

*今日で術後12日目です*

Kobe Bryant

NBA ロサンゼルス・レイカーズコービー・ブライアント選手が亡くなりました。

41歳。
死因は、ヘリでの墜落死。
次女のジアナちゃん(13歳)も一緒に亡くなるという、痛ましい事故でした。

f:id:mille-rose:20200213122350j:plain

ステイプルズセンター前には追悼のキャンドルが揺れて

弟1号から連絡があり、このニュースを知りました。

私は2010年ぐらいまではよくNBAを見ていて、Japan Gamesにも足を運ぶほど好きだったので、当然コービーのことは18歳のルーキーイヤーから知っています。

コービーはあっという間にスターダムを駆け上がり、私の応援するチームの勝利を幾度となく阻み、正直現役時代は「またコービーにやられた!くそぅ…」と、悔しい思いをさせられることも多々ありました。

でもこの世からいなくなってしまったなんて悲しすぎる。

まだ引退して4年しか経っていないのに。
長く厳しい現役生活を終えて、やっと家族とのんびり過ごせる時だったのに。

f:id:mille-rose:20200214163917j:plain

宙を舞うコービー

f:id:mille-rose:20200204202831j:plain

2002年のオールスターでMVPを獲ったコービー

キャリア後半のコービーはスキンヘッドで背番号24でしたが、私の中で一番印象に残っているコービーの姿はショートアフロで背番号8なので、その頃の画像を選びました。

いい笑顔ですね、コービー。
どうか安らかにお眠り下さい。 

f:id:mille-rose:20200214163859j:plain

R.I.P. Kobe & Gigi

 

人の命

なんというか、私は乳がんを告知されて、自分史上これまでにないくらい死を意識させられましたが、 がんって死ぬまでに猶予がありますよね。

その点については、告知された後、夫とも「乳がんになってしまったけど、不慮の事故で突然亡くなってしまうよりは良かったよね。本人も家族も、その時までにいろいろな準備や気持ちの整理が出来る。さよならも言える」と話していました。

でももし、コービーのように事故死だったら…。
今回のコービーの死で、再度、強くそう思いました。

本当に、人の命って分からないものなんですね。

どれだけ不摂生してても病気1つせずに長生きする人もいれば、コービーのように健康で恵まれた肉体を持っていてお金持ちでスーパースターで、それまで誰もが羨むような人生を送っていたのに、あっけなく逝ってしまう人もいる。

私はいつまで生きていられるのだろう。
1日1日を大切に過ごさなくちゃ。

 

痒み

やっぱり痒い、というかお風呂に入ると痒くなる。
体が温まるから?

湯舟には使ってないし、そんなに温まってもないと思うんですけどね。

でもテープかぶれでもなさそうだし、切った傷が治っていく時の痒みでもなさそうだし、心配しなくてもいいかな?

 

明日は術後初めての診察

1人で行くつもりだったけど、夫が電車内での新型コロナウイルス感染を心配して&術後まだ痛がっているのでぶつかられたりしないかを心配して、一緒に来てくれることになりました。

正直、私も明日電車乗るの嫌だなぁと思ってたので、夫の気遣いが嬉しかったです。

今日は帰りが遅いなあと思っていたけど、私を病院連れて行くために、明日の午前にやる予定だった仕事を今日のうちに片づけてきたから遅くなったんだって。

ホントに優しいなぁ。
いつもありがとうね。

 

ランキングに参加しています。
↓ 1日1回、応援クリックして頂けたら嬉しいです♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村