Mille's Breast Cancer Journey

ミルの乳がん闘病記 -50年後も夫と一緒に生きていたい!ー

たとえ末期がんになっても、民間療法は信じません

抗がん剤のせいで死ぬ…?

アライブ6話、見ました。
タイトルは『がんの標準治療と民間療法』。

以下は全て私個人の見解なので、気に入らない部分があってもスルーして頂きたいです。

がんになってしまった女の子の父親が、「自分が知っているがん患者はみんな、抗がん剤やって苦しんで結局死んでいった」と言って、娘には抗がん剤やらせない!というシーンがありましたよね。

私はまだ抗がん剤をやっていませんし、やるかやらないかは5日後に出る検査結果次第という状況なので、偉そうなことは言えないのですが…。

抗がん剤は、がん細胞だけでなく正常細胞への影響も多くあることは医師も承知の上で、それでもがんを抑えたいから行う諸刃の剣なわけですよね。

でも決して抗がん剤が毒になって亡くなっているわけではないと思うんです。

世の中には、このドラマの中にも出てきたような怪しい民間療法や放置療法を提唱する人がいますが、私はそういうのは信じませんし、同じがん患者の方にも、出来れば信じて欲しくありません。

何でそういう怪しげな民間療法がいいと思うんですかね」と言うエリート研修医の男の子。
私もほんとそう思います。

 

人の命を何だと思っているのか

もちろん、信じる信じないは個人の自由ですので咎めたりはしませんが、提唱する側の人間に対しては、正直どうかと思います。

人の命がかかっているのに、「この水飲めば治りますよ」「食事療法だけで治りますよ」「放置してても自然治癒力で治りますよ」なんてよく言えますよねと。

あなたのその発言を信じたばっかりに手遅れになって死ぬ人がいても心が痛まないんですかと。

がんが、食事を変えるだけで治ったり、擦り傷か何かと同じ様にほっとけば治るなら、この世にがんで死ぬ人なんていないでしょ。

 

民間療法が気持ちの拠り所となる場合

一方で、「全ての民間療法を否定できないしするべきじゃないよ」と言う部長さんの意見も分かります。

水飲んで治ると思うなら、飲めばいいと思います。
これは気持ちの問題で、「これやったら良くなったような気がする!」というポジティブさは大事だと思うので。

ただし!
まだ根治を望める状況にあるなら、民間療法するなら標準治療と平行でやって欲しいなと思います。
民間療法だけで治ると信じ込んで、それのみになってしまうのだけはやめてほしい。

大腸がん患者役の高畑淳子さんが言った、「何で患者がこんなもんに騙されるか不思議でしょ。治りたいからよ。生きたいからよ。何だっていいからすがりたくなるのよ」という言葉。

気持ちはすごく分かります。
私だってお守りとか買ってるし。

 

お金は家族に残してあげた方が良くないですか?

でも私は変な民間療法にだけは絶対手を出しません。

人の命をお金儲けの道具としか思っていない人間に、自分の大切なお金を貢ぐなんて絶対にしません。
そんなお金があるなら家族のために残した方が何百倍もいいです。

夫には、「絶対ないけど万が一引っかかりそうになったら止めてね」と言いましたが、「言われるまでもなく、引っぱたいてでも止める」と言ってましたw

そういう所の考え方が夫と同じで本当に良かったなと思います。

それにしても、女の子の 「親より先に病気になるなんてごめんなさい」は辛かったな~。

私も、年老いた両親に、遠くに嫁いだ娘のがんなんて知らせたくなかったよ。
近くにいないだけに、余計に心配かけてるだろうなと思う。

治療がひと段落ついたら東京に帰って、元気な姿を親に見せてあげたいけど、コロナがなぁ…。
怖いですよね。

 

ランキングに参加しています。
↓ 1日1回、応援クリックして頂けたら嬉しいです♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村